Search

ダウ理論を使って500円から資金を倍にした方法

はじめに

FXのテクニカル分析であるダウ理論トレンドラインチャネルラインを用いてポンド円短期時間足である1分足チャートからエントリータイミングを図るため環境認識を行い、実際に500円を入金してトレードした結果になります。結果として、スキャルピング寄りのデイトレードとなりました。トレード結果は、元手500円(実際は入金ボーナスで入金額の20%追加され実質元手600円)から合計3ポジションショートエントリーし、各ポジション25pips、19pips、19pips獲得。金額的には1154円の利益となりました。

 

今回の記事では、FXの基本となる考え方である「ダウ理論」に触れながら、FXは少額資金からでも稼げるのか?について解説していきます。ワンコイン500円の小銭で果たしてトレードできるのか…?FXでどうしたら稼げるのか、稼ぐ仕組みについても触れていきます。

 

この記事の対象者:FXをはじめたばかりの初心者向け

 

URA™️ TRADINGは、FX(外国為替証拠金取引)の基本・実践・研究を行うトレーニングセンターです。

[URA TRADING] A training center that conducts the basics, practice, and research of FX. From Forex Trading Training Center.

 

URA TRADING
Forex Trading Training Center
Universal Relationship Association
https://uratrading.com

 

 

関連資料

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

URA TRADING FXの基本・実践・研究(@uratrading)がシェアした投稿

※上のInstagramの画像を「関連資料」として解説していきます。合計10枚の画像があり、画像の右側矢印を押すと次の画像に進みます。まずは、トレード結果の画像を見てみてください。一番右側、最後の画像に利益と合計金額の画像があります。

 

 

ダウ理論を使ってエントリーポイントを探す方法

テクニカル分析の要素

要素の組み合わせによって、相場の局面を把握すること。

FXではこれがとても大切。

「要素」とは例えば、ダウ理論、水平線(レジスタンスライン、サポートライン)、エリオット波動、ローソク足、フィボナッチ、移動平均線etc

これらはテクニカル分析であるが、為替が動く要因となる経済指標や社会情勢等を材料とするファンダメンタル分析もある。URA TRADINGではまず、テクニカル分析を中心に発信していく。

 

 

チャートの環境認識はFXの基本

関連資料の画像1枚目はポンド円1分足チャートですが、チャート全体の環境認識をした上で、短期目線でのトレード狙いなのか、あるいは日足から4時間足の中で上昇して下落調整した中期長期の押し目を狙っていくのか。トレーダーによって狙う値幅やスタイルは様々であるが、どのトレード手法やスタイルであったとしても、エントリーポイントを見つけるためにはチャートの環境認識は必須。

じゃあ、どうやってエントリーポイントを見つけるのか?

そこで今回使ったのが、ダウ理論。ダウ理論で相場を見ていくと、今、どんな局面なのか見えやすくなります。ポンド円1分足を例にして、ダウ理論に触れてみたいと思います。

 

関連資料1枚目(1分足画像)左側の水色線で挟まれた部分は、安値切り上げ高値更新している上昇トレンドでした。また、右側の水色線で挟まれたところを見ると、高値が切り下がっています。高値切り下げ安値切り下げが見えるのでトレンド転換となりました。その後のチャートも確認してみましょう。2枚目以降(画像参照)

 

 

ダウ理論の基本原則6

  • 価格(平均株価)は全ての事象を織り込む
  • トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される
  • 主要なトレンドは3つの段階から形成される
  • 価格は相互に確認される必要がある
  • レンドは出来高でも確認される必要がある
  • トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

 

 

ダウ理論で定義されている「上昇トレンド」と「下降トレンド」

  • 安値を切り上げ、高値を更新→上昇トレンドが継続。
  • 高値を切り下げ、安値を更新→下降トレンドが継続。

(関連画像1枚目)では、左側の水色線で挟まれているところが「安値切り上げ、高値を更新」→上昇トレンド継続。(関連画像1枚目)の右側の水色線で挟まれているところが「高値切り下げ、安値更新」→下降トレンドが継続。ということになります。しかし、トレンド転換の兆しがこれだけでは判断できないと思います。トレンド転換の理論をダウ理論では、「トレンドの否定」という定義として存在します。

 

 

トレンドの否定

ダウ理論では「安値切り上げ、高値更新」が続いていれば上昇トレンド、「高値切り下げ、安値更新」が続いていれば下降トレンド、と定められていますので、トレンドを否定する条件は以下になります。

  • 高値更新後に切り上げた安値を下抜けると、上昇トレンドを否定。
  • 安値更新後に切り下げた高値を上抜けると、下降トレンドを否定。

(関連画像1枚目)今回のチャートから「トレンドの否定」を確認してみてください。

 

 

1分足でエントリータイミングを図るダウ理論

1分足の短期時間軸でエントリータイミングを図る場合もダウ理論の考え方は有効です。また、各通貨ペアでも有効となるため、ダウ理論はトレードの基本として多くのトレーダーが意識しているものとなります。実際の相場では上位時間足(5分、1時間、4時間、日足など)から全体の値動きの確認と環境認識を行うことで目線を作り(ロングなのかショートなのか)、1分足チャートからエントリータイミングをダウ理論で図る。全体の環境認識があることによって、よりダウ理論の効果を感じられると思います。

 

 

「どうして下がり続けずに一旦上がってるの?」

(関連画像8枚目)(関連資料9枚目)上位時間足を見てみると抵抗帯となっているゾーンがあり、サポートラインがあります(4時間足参照)。テクニカル分析でいうところの水平線(レジスタンスライン、サポートライン)は抵抗となりよく反発する。より意識されている抵抗帯を見つけることでリスクリワード的にも優位性のあるエントリーができる。

 

 

ポンド円20200714,17:00(JP)今後の展開

これを書いているのが2020年7月14日火曜日17:00(日本時間)です。今後のポンド円の展開について書いてみたいと思います。ポンド円の場合、抵抗線(サポートライン)があるものの、さらに下には200MAがあり、H4、日足と見ていくと下落基調強めの相場と見る事ができる。このレジサポラインを抜け200MAも抜けていくならば、戻り売りを狙える局面。レートが下げているので。

あらかじめ抵抗帯を把握して値動きを確認しておくことで、「こうしたらこうする」「こうなったらこうする」と、行動を明確にすることで無駄なエントリーを減らし、優位性のあるエントリーを絞り込めるという効果もあります。これは皆さんに未来の相場を予測したりエントリーポイントを教えるものではありません。エントリー前は必ず環境認識を行いましょう。ということです。

※投資は自己責任でお願いします。

 

 

トレードでいくら稼げるの?

当然、資金力がある人が有利です。が、トレードは「技術」です。少ない金額からでも増やす事は可能ですが、トレード技術があるというのが前提条件となります。技術があれば安定して稼ぎ続けることができます。FXで少額資金から増やせる理由は、レバレッジが効かせられるからです。この仕組みは大変素晴らしいです。

今回解説した相場でワンコイン500円でいくら増やせるのか検証しました(500円入金したら20%ボーナスがついたので実質元手600円からのスタート)。ロット数を見ていただければ分かると思いますが、リスクをかなりとっており、売り増しも行いました。結果、合計3ポジションショートエントリーし、各ポジション25pips、19pips、19pips獲得。金額的には1154円の利益となりました。

資金管理についての具体的な解説は今回は割愛します。

 

 

 

ダウ理論で500万円がこんな風に増えます

2020年03月18日(JP)GBPJPY

口座資金500万円を5分足トレードで大儲けする動画をアップしました。口座のお金は500円の1万倍ですが、エントリータイミングを図る方法は今回のワンコイントレードと同じです。ダウ理論の高値切り下げと上位足の値動きから判断して建てたショートポジションです。

 

動画の左上に表示している時間軸が出ているように、1分足でエントリータイミングを図りエントリーしています。見ていただければ分かると思いますが、たった1、2時間のトレードで1000万円以上稼ぎました。これが多いと感じるか少ないと感じるかは別として、チャート分析は資金量とは関係なく行えるということです。資金が500円でも500万円でもやることは同じ。しかし、金額が増えてくると1つのトレードにかかるプレッシャーも増えていきます。やることは同じですが、金額に翻弄されてしまうのだと思います。金額が大きくなっても安定して資金を増やせるトレーダーは、初心者の頃に培った基本が身についています。

 

また、今回は勝ちトレードの動画となりますが、逆に動いた場合の展開もあらかじめ想定しておくことでリスクを限定できます。「最低でも3パターンは次の展開を考えろ」と幼少期に観たビデオで学びました。トレードでも上昇の場合のシナリオ、下降の場合のシナリオをそれぞれ把握しておくことで立ち回りが上手くなると思います。

 

 

「FXの稼ぎ」を決める2つの要素

トレードの稼ぎは、ロット(枚数)値幅(pips)で決まります。エントリーポイントを見つけることと、どれだけリスクをとるのか把握しておけば実弾トレードでコツコツ増やすことは可能です。今回はロットを大きく張って仕掛けていますが、勝率との兼ね合いでトータルプラスになるか変わってきます。

いくつかの要素の組み合わせでトレードの技術は成り立っています。1つ1つ一緒に学んでいきましょう。

 

 

まとめ FX初心者の方へ

今回は1戦3勝の勝ちトレードでしたが、常に反対の結果も想定した上で、上手な負け方を覚えるのがFX初心者の課題の1つだと思います。そして、いくらまでなら損失を許容できるのか、ロスカットまでの距離感、ロット配分、安定した精神状態、それらあらゆる要素のバランスによってトレードを重ねるたび口座の資金が増えていく。当然、勝ったり負けたりを繰り返していくが、利益が損失を上回るように、損失を小さく利益を多く残すことが技術。

FXは初心者のうちにほとんどが退場します。

FXで安定して稼ぐためには、トレーニングが必要。

負けも勝ちも含め、経験を積むことで退場することもなくなっていきます。

すると、だんだん勝てるようになっていき、口座の資金も増えていきます。

FXで安定して稼ぐためには勉強と実践経験が不可欠です。

まずは、トレードを続けられる環境と準備を整えましょう。

Follow me

URA TRADING

URA TRADINGでは、相場の基本・実践・研究を行っています。トレードには「道」がある【守破離】日本古来より脈々と流れるこの王道にして鉄板の生きる極意。相場は宇宙、直観は技術、株,為替,仮想通貨,先物etc全てチャートで表現している共通点。己を知り、他者を知り、世界の不思議を探求するのが相場師の仕事です。 [URA TRADING] At URA TRADING, we carry out the basics, practice, and research of the market. There is a "road" in trade [Shuhari] The secret of living on this royal road that has been flowing since ancient times in Japan. "Creation of the world in 1000" ・ The market price is space ・ Intuition is technology ・ Stocks, exchange rates, virtual currencies, futures etc. All are expressed in charts in common. Know yourself, know others, and explore the wonders of the world. 運営者: URA

5 Comments
  1. […] 昨日の記事「ダウ理論を使って資金を倍にした方法」の関連資料は昨日のポンド円チャートを確認することができるので、そちらも合わせてご覧いただくことでより理解を深めることができます。 […]

  2. […] 「ダウ理論を使って500円を倍にした方法」 […]

  3. […] 「ダウ理論を使って500円を倍にした方法」 […]

  4. […] 「ダウ理論を使って500円を倍にした方法」 […]

  5. […] 「ダウ理論を使って500円を倍にした方法」 […]

Leave a Comment